予約状況記事をかいて、その後に書くと効果的な記事とは?

● 予約状況記事をかいて、その後に書くと効果的な記事とは?

まいどです。田渕です。ブログに、予約状況を書くことは、サロン系などでも多いですね。

例えば、こんな感じで予約状況を書きます。

予約で申し込みを取っていく業種は、全て同じ考え方です。

1:ある程度予約が入ったら予約状況記事を書く
2:その次は、埋めたい予約日について別記事で書く

今回のセミナー会場の場合、2月3月の週末はかなり埋まっています。

多くの方は、暇な日の予約を増やそうとします。

これは間違いです。

忙しい売れる日を先に満席にしてしまうのです。

今回なら、会議室の集客ですから、週末が売れる曜日です。事実、残り少ないです。

だから、2月3月の週末の予約可能日は、いつといつしかありません。お早めに。という記事を書いて埋めてしまうのです。

週末が埋まったら、次に売れそうな曜日を狙って埋めていくのです。もしくは、更に先の売れる週末を埋めていくのです。

売れるところから先に売っていく。そうすると、お客様は、少し無理をして人気のない曜日に予約をくださるのです。

そうそう、もしあなたが東京で10名位のセミナーや会議室をされるなら、この会場がお勧めですよ。

 

 


  • 集客できる!10日間メールセミナー

  • セミナー講師養成スクール
  • アメブロベーシックセミナー
  • 年商3000万を突破する思考と行動とは?
  • 売れるカウンセラーになる方法
  • 教室集客ノウハウ
  • カウンセラー集客ノウハウ
  • アメブロとワードプレスの使い方
  • セミナー・教室・講座・満席集客ノウハウ
  • サロン・治療院集客ノウハウ
  • 売れる写真の作り方ノウハウ
  • 期間限定募集のネットコンサル
  • 期間限定募集のプレミアムコンサル
  • 著書「儲かるアメブロ~ネットで稼ぐ方程式~」


  • カテゴリー: カウンセリング集客, サロン系集客, セミナー会場・会議室・レンタルサロン   パーマリンク

    コメントは受け付けていません。