1人のクライアントさまをイメージしながら記事にすることが大切です。

● 1人のクライアントさまをイメージしながら記事にすることが大切です。

まいどです。田渕です。ブログやメルマガで反応を取るには、「誰が、どう良くなる?」を書いていきます。

ここで問題なのは、誰がの部分です。

多くの方は、誰ががみんなになっています。読者さんやお客様に響く文章を書く人は、誰がが具体的な誰か1人になっています。

そうなのです!具体的なある1人のクライアントさまをイメージしながら記事にすることが大切です。

例えば、こちらの記事をご覧下さい。

「食べたい大好きなお菓子を我慢しているけれど、ふとした瞬間に一口食べてしまうと止まらなく暴食してしまったりしませんか?」

以降がすごく具体的になっています。

これを読んで、私のことだ!って思った人は、反応するわけです。

具体的なある1人のクライアントさまをイメージしながら記事にすることが大切です。

 

 


  • 集客できる!10日間メールセミナー

  • セミナー講師養成スクール
  • アメブロベーシックセミナー
  • 年商3000万を突破する思考と行動とは?
  • 売れるカウンセラーになる方法
  • 教室集客ノウハウ
  • カウンセラー集客ノウハウ
  • アメブロとワードプレスの使い方
  • セミナー・教室・講座・満席集客ノウハウ
  • サロン・治療院集客ノウハウ
  • 売れる写真の作り方ノウハウ
  • 期間限定募集のネットコンサル
  • 期間限定募集のプレミアムコンサル
  • 著書「儲かるアメブロ~ネットで稼ぐ方程式~」


  • カテゴリー: カウンセリング集客, ダイエットジムの集客, ブログ記事の書き方   パーマリンク

    コメントは受け付けていません。